« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月10日 (月)

運動会のおべんと♥2016FAINAL

あー、もう


痛いわー。






口内炎。



私、そんなに人生で口内炎に悩まされたことがなかったような
 
気がするだけなのかもしれんのやけどね

今年は、グーグル検索で一番検索したのが口内炎ですわ。


ほんまによくなる。



基本すべてが大げさに言う性分でして

今日も、ごはんが食べられないだの、ポン酢が染みるだの、肉まんの辛子が直撃して半分意識失いそうになっただの


ほんま、私ってメンドクセーな奴ですね。はい。
 



すっかり忘れておりましたが、苺の小学校生活最後の運動会が終わりました。




なんつーの。



ハンカチ忘れるほど泣けるね。うん。
 
 


ということで、私と苺の最後の運動会のはじまりはじまり~





Img_5232
 
お弁当はこの日の為に、お弁当箱を買いました。

運動会用に買おう買おうと思ってはや6年。


やっと買いましたわ。




Img_5213
 
手作りのミートボールには、






親バカ満載の「いちごピック」




Img_5214


毎年、かかさなかったエビフライ。



この日ばかりは、ブラックタイガー(大サイズ)




Img_5218


スペアリブの煮込みは、超絶柔らかくておいしい。




ええ。

自分で言っちゃいますよ。ええ。



旨いもんは旨い。


私がすごいんやなくて、このスペアリブがすごい。

Img_5221


そして、苺の大好物の卵焼き。

お弁当いっぱいの卵焼きがよかったらしいんやけど、
さすがに、ニワトリが大変。



Img_5222


おにぎりは、ノーマルと、炊き込みバージョン。



(親バカピック付き♥)




Img_5226



苺はね。
 
なんせお弁当が好きなんです。


お弁当が食べられるから、運動会が好きなぐらい。

だから私は、かわいいお弁当づくりが好きなんやと思う。




Img_5272
 
最後の運動会もよく晴れました!!!



最初に苺のクラス対抗リレー。




6年間。
走る苺を必死で追いかけました。





苺にバトンが渡りました。


Img_5333




必死で追いつこうとする苺。





このあと、






こけました。





見事にコケた苺は、すぐに立ち上がって泣きそうな顔で走りました。









私は号泣。


これはね。
辛いわー。




苺の気持ちが痛いぐらい分かってしまうから、辛かったー!!




でも、みんなに謝ってる苺を見て、この子の成長にまた涙。






次は、騎馬戦。







Img_5362

気合はあります。








始まって30秒も経たんうちに、笑顔で帰ってきました。






そ ゆ こ と



Img_5388


この大将の女の子がすごかったんです。
 


苺のクラスの女子群はみんな全滅で、大将の騎馬だけが残ったんです。



4騎から挟まれても、全部向かって倒していくんです。




いつのまにか、苺かと錯覚を起こして必死で応援してましたね。ええ。

完全に私、オカシナおばはんです。




Img_5423

6年生のいちごは、ゴールテープの役もしてました。

もう、すっごく楽しそう。


この笑顔は私の宝物です。





んで、
最後の組み立て体操。




毎年私は、この組体のあとの競技に出なあかんかったので、いつも見れなかったんやけど、今年はやっと見られました。










もうね。










苺がどれかわからん(笑)





なんとなーく苺っぽい子を見つける。
なんとなーくこの辺に居るだろうなを全体的に見る。

もうわからん!!ってなる。



 



ね?わからんでしょ?
 
Img_5544


でも、感動するんですわ。


「ありがとうございましたー!!!!」
ってみんなで言うんですけど、感動。




苺。大きくなったなぁ。
Img_1439 Img_1463 Img_0476

234 146 166
116 093 137



ほんまにね。大きくなったなぁ。
相変わらずいつも後ろを向いて笑ってる苺。
「おかーさーん!!!」とテントの中から手を振ってくるところ。
暑くて暑くて、真っ赤な顔してる苺。

6年間必死でカメラで追いかけました。


運動会は終わってしまったけど、これからも苺の成長をたくさんたくさん撮り続けたいです。



最後の運動会が終わって、宿題で作文がありました。



苺が運動会で一番楽しみだったこと






「お母さんのお弁当」




でした。


うれしかったっす。



苺がいつかかわいい子どもを産んだら、またかわいいお弁当を作りたいです。


苺と私にとって「お弁当」ってのは、
かけがえのない思い出達です。


苺が私のお弁当を大好きでいてくれることが、なによりも私が元気になれる源なんです。




これから毎週末、苺にお弁当を作ってあげよう!!!!











と一瞬だけ思いました。






PS  すぐにやめました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »