« 【苺ママの挑戦】KIDSレストラン®のHACO【HACOLABO】 | トップページ | 【苺ママの挑戦】発想力を鍛える① »

2019年11月20日 (水)

【苺ママの気持ち】苺ママという人【ブランド】

こんばんは。

 

大好物 

Img_0686

 

わたしは、昔から映画館でポップコーンを音を立てて食べる人がまじで無理なんです。

気にしぃの私なもんで、ポップコーンが食べ終わるまで映画に集中できんくて

映画の内容よりも、ポップコーンの減り具合が気になります。

 

しかも映画館のポップコーンて 無駄にデカいからストレス(笑)

 

このチョコマシュマロなら、口の中で溶けるし、旨すぎて一瞬でなくなるから超おすすめやのにな。

 

どうも。苺ママです。

 

 

_____________

苺ママの気持ち

☑ 苺ママ という人

_____________

 

娘が1歳になったときに、ネット上での名前を

「苺ママ」

にしました。

そう、あの頃は22歳。 

 

「いちごママ」でもなく「いちごまま」でもなく「苺ママ」です。

 

苺が異常なぐらい好きなわけでもなく、ただ、娘の名前が「苺」ってやっただけ。

 

最近ね、

「苺ママ」をそろそろ辞めようと思てました。

 

本名で活動していく方がええんかなーとかね。思うわけです。

もう苺も15歳になるし、そもそも「ママ」って呼んでへんわけです(笑)

 

 

今日ね、ふとイベントに参加してくださった方のアンケート用紙を見たんです。

「苺ママが楽しかった~」

「いちごママに会いたかった~」

とか書いてありました。あざす!

 

ふと、生徒さんからのメールを見ると

「うちの子が「いちごままのところに行く!」って喜んでます~」

「苺ママのところへ行くのが楽しみ!」

とね。

 

自分で書いてて恥ずかしーないん?って思うでしょ。恥ずかしいわな。そら(笑)

  

 

皆さんの中で「苺ママ」っていう人は「人」であったり「場所」であったり「料理」であったりしてるんだと思います。

 

そんな私は「苺ママ」でありながら「苺ママのファン」でもあります。

生徒さんと話しながら、大笑いしたり、泣いたり(メンヘラか)

孤独と向き合って凹みまくってるとか、悔しくてもがいてるとか、人前出るとやたら笑顔だとか(メンヘラや)

  

こうやって考えると、「苺ママ」をやめる必要が見つからないので、

wikiペディアに載るまで続けようと思います。

 

__________________________ 

 ☑ 自分をブランド化にする

_________________

これは個人で起業するひとは必要なんじゃないかなと。

私やったら「苺ママ」っていうやつですよね。

 

それを貫くんであれば、へたくそにパクらない。です。

 

 

 

特に中身のない記事なので

特に意味のないお弁当でさよなら~

 

Photo_20191120230901

2_20191120231001

妹が幼稚園の実習へ行ったときのお弁当

 

チキンナゲットは永遠にうまいよね。

 

 

 

|

« 【苺ママの挑戦】KIDSレストラン®のHACO【HACOLABO】 | トップページ | 【苺ママの挑戦】発想力を鍛える① »

かわいいキャラ弁」カテゴリの記事

ひとりごと。」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。